映画「東京スカイツリー 世界一のひみつ」の見どころ

映画「東京スカイツリー 世界一のひみつ」は、2012年に開業した東京スカイツリーがどのように建てられたかを着工の時から追っていくドキュメンタリー映画です。634メートルという世界一の高さを誇る東京スカイツリーは、日本が持つ高度な技術を結集して建てられており、建てられるまでには様々な興味を引かれるポイントがあります。そのポイントを、ハトの目線で映し出した物語となっており、映像にこだわった作品となっています。空撮をふんだんに用いて制作されており、迫力のある映像が展開され、終始興味深く観られる作品になっています。

 

世界一の高さの建造物を作るには、考えてみると様々な疑問が沸き起こってきます。そもそもどうやって建てるのか、頂上の細長く見えるアンテナはどうやって付けられているのか、どうして3本の脚で支えられているのかなど、考え出すと気になる部分が沢山出てきます。こうした疑問が一つ一つ明らかになっていく作品となっており、日本が誇る技術の高さが分かり、面白くも勉強になる作品です。

 

また、作品を通して感じるのが、けして無機質な建造物ではなく、人の手によって作られているという事です。溶接は実は人の手で行われており、想像すれば、これだけ大きな建造物の溶接を一つ一つ行っていくのは、途方もない作業だという事が分かります。ネジやボルトなど、小さな部品一つにしても、スカイツリーの世界一の高さを支えるには、非常に高い基準をクリアしている必要があり、その中には限界に挑戦する人のストーリーがあり、その情熱や姿勢を感じる事ができます。映像でもストーリーでも、深く見せてくれる、実際にスカイツリーを見たくなる作品に仕上がっています。

[ 広告 ] 東京スター銀行おまとめローン

東京スカイツリー内の銀行ATMは?