映画「東京スカイツリー 世界一のひみつ」の見どころ

映画「東京スカイツリー 世界一のひみつ」は、2012年に開業した東京スカイツリーがどのように建てられたかを着工の時から追っていくドキュメンタリー映画です。634メートルという世界一の高さを誇る東京スカイツリーは、日本が持つ高度な技術を結集して建てられており、建てられるまでには様々な興味を引かれるポイントがあります。そのポイントを、ハトの目線で映し出した物語となっており、映像にこだわった作品となっています。空撮をふんだんに用いて制作されており、迫力のある映像が展開され、終始興味深く観られる作品になっています。

 

世界一の高さの建造物を作るには、考えてみると様々な疑問が沸き起こってきます。そもそもどうやって建てるのか、頂上の細長く見えるアンテナはどうやって付けられているのか、どうして3本の脚で支えられているのかなど、考え出すと気になる部分が沢山出てきます。こうした疑問が一つ一つ明らかになっていく作品となっており、日本が誇る技術の高さが分かり、面白くも勉強になる作品です。

 

また、作品を通して感じるのが、けして無機質な建造物ではなく、人の手によって作られているという事です。溶接は実は人の手で行われており、想像すれば、これだけ大きな建造物の溶接を一つ一つ行っていくのは、途方もない作業だという事が分かります。ネジやボルトなど、小さな部品一つにしても、スカイツリーの世界一の高さを支えるには、非常に高い基準をクリアしている必要があり、その中には限界に挑戦する人のストーリーがあり、その情熱や姿勢を感じる事ができます。映像でもストーリーでも、深く見せてくれる、実際にスカイツリーを見たくなる作品に仕上がっています。

[ 広告 ] 東京スター銀行おまとめローン

東京スカイツリー内の銀行ATMは?

ただいま準備中です

 

東京スカイツリー付近はWI-FIスポットがあるので回線の問題は心配ないのですが、個人的にはWiMAX2+がスカイツリーの中でどれくらいつながるのかが気になります。

東京都民銀行

東京都民銀行のカードローンには、「パーソナルカードローン」があります。このカードローンの特長は、銀行、駅、デパートなどのキャッシュコーナーで利用可能という点です。利用対象者は20歳~60歳まで、勤続1年以上、東京近郊に自宅か勤務先がある方となっています。利用額は30万円と50万円の2種類となります。また、金利は固定で9.8%、金利について優遇制度があります。公共料金について、3種類以上の自動支払いの利用、給料自動受取、積立定期預金、クレジットカードの支払い、これらの項目1つにつき0.5%の金利優遇が受けられます。

 

東日本銀行

東日本銀行のカードローンには、「BIZポケット」「ゆあポケットII」「ザ・ドクター」の3種類があります。この中でも特徴的な、医者向けのカードローン「ザ・ドクター」を紹介しましょう。こちらは、最高500万円までの限度額、固定で年3.75%という低金利があります。利用対象者については、医師免許、歯科医師免許を取得している方となり、開業医や医療機関に勤務する医師や歯科医師の方も含まれます。年齢については、60歳以下で、東日本銀行の営業区域内に1年以上居住もしくは勤務している必要があります。年収についても条件があり、限度額300万円以上では勤続年数が1年以上となっています。

 

八千代銀行

八千代銀行のカードローンには、「プラスユーネクスト」があります。こちらは、20歳~60歳までの方、安定した収入がある方が利用できます。また、主婦でも、配偶者の収入によっては審査を通過できます。その場合、借入れ限度額が30万円までとなるので、ご注意ください。学生を除いて、パート・アルバイト、年金などの収入があれば、30万円までの申込みが可能です。金利については、変動金利の採用により、年6.0%、年9.5%、年13.0%の3種類が適用されます。限度額は30万円から300万円までの6コースがあり、限度額に従って金利が適用されます。

 

東京スター銀行

東京スター銀行の「スターカードローン」の特長は、月々の返済額が5000円からできるという、返済が楽なカードローンという点です。また、インターネットでの申込みも可能で、柔軟な審査対応が受けられます。借換えも可能です。利用対象者の年齢については、20歳~65歳までとなります。専業主婦の方や年金受給者でも利用可能です。専業主婦は配偶者の収入によって融資の判断がされます。利用額は、10万円~10万円きざみで90万円まで用意されています。

 

 

都内の1人暮らしにかかる費用をカードローンで借入れ

 

東京都内で1人暮らしをしようと考えていた時期、まずその費用を工面したくなりました。そのときは貯金もあまりしていなかったのですが、収入はあったので、320万円借りました。銀行のカードローンを選びましたが、審査を受けてみると一週間ほどで結果を教えてもらえたし、基準も当時の属性からすると厳しくなかったです。

 

審査が通ってから無事にお金も貸してもらうことができましたが、1人暮らしができるアパートを探しているタイミングだったのでちょうど良かったです。家賃だけでなくて、引越し費用なども含めてお金が必要になってしまったものの、借入ができたのは非常に助かりましたが、金利も高すぎではないのも嬉しいところでした。アパートを借りる際の初期費用もそこで借りられたのもいいといえましたが、きちんと暮らしていくまでには妥当な費用が借り入れできたのは納得しやすかったです。

 

最初のうちはほかのカードローンで借りるという選択肢もありましたが、友人に相談してみると銀行のカードローンが借りやすいだけでなくて、今後も返済していくつもりでいるときにも悪くないとアドバイスしてもらえたのは大きかったです。申し込んだ時点でも対応が素晴らしかったのは印象に残りましたが、説明してもらうと借入までの手続きがすごくわかりやすかったです。急いでいたわけではなかったのですが、早く動いてくれているのが伝わってきて、銀行のカードローンを利用して正解だったと実感できたのもありました。

 

これまでもキャッシングでお金を貸してもらえた経験は確かにあったわけですが、まとまったお金を借入したのは今回が初めてだったのもあって、慎重に検討できたのも満足だったのです。審査では過去の信用情報機関にも問い合わせをされたりするのもわかっていましたが、キャッシングで借りてからもすべて返済を済ませられていると確認済みだったのでそこは問題なかったです。引っかかったという事態も起きずに審査も終わりましたが、連絡が来るまでは心配していました。1人暮らしを計画し始めた頃はお金も余裕がなかったからこそ、カードローンで借りてみると上京後も金銭的に困らなかったのもさすがでした。